USPTブログ新着記事

USPTブログ カテゴリ

関連書籍紹介

症例X

早稲田通り心のクリニック院長・小栗康平による,USPTの入門書。間口は広く,内容は奥深いと評判です。USPT開発の経緯,憑依霊と精神医学との関係,内在性解離(潜在意識下人格)の理論解説,豊富な症例呈示による人格統合の過程,USPTによる過去世療法・未来世療法など,内容は多岐にわたっています。

USPTブログ フィード

USPT研究会 公式ブログ 月別アーカイブページ

2017年2月のアーカイブ (記事2件)

解離の定義・原因・目的 1

「解離」の定義

 心理学的・精神医学的症状(あるいは現象)を過不足なく定義づけするのは,非常に難しいことです。Janetが提唱して以来,「解離」という用語もまた,さまざまな研究者・治療者が,各自のモデルにもとづいて述べられてきました。ここではまず,国際的診断基準である,ICD-10とDSM-5における「解離」の定義を見ていきましょう。

 解離は,ICD-10によると,「過去の記憶,同一性と直接的感覚の意識,そして身体運動のコントロールの間の正常な統合が一部ないしは完全に失われた状態」と定義されています。

 また,DSM-5では,「意識,記憶,同一性,情動,知覚,身体表象,運動制御,行動の正常な統合における破綻および/または不連続」とされています。

 平たくいえば,解離は「通常は1つのまとまりになっている人間の心の働きが,まとまりを失った状態」を指します。

「解離」の原因・目的

 そう聞くと,おそらく「どうしてそんな状態になるの?」「なぜ,そうなる理由について,定義では触れていないの?」「記憶の破綻が解離なら,認知症も解離なの?」「同一性(自分がたしかに自分であるという感覚)や意識の破綻が解離なら,役になりきっている役者や,ビートルズのコンサートで失神したファンも解離なの?」など,さまざまな疑問が湧いてくることでしょう。

「どうしてそんな状態になるの?」
「なぜ,そうなる理由について,定義では触れていないの?」

 ...これについては,触れていないわけではなく,DSM-5を読み進めていくと,解離症群は「しばしば心的外傷の直後に生じる」との説明があります。ただ,これはあくまで病的な解離についてのことであり,また,病的な解離であっても,100%心的外傷が原因だとはいえません。

 ましてや,解離全般についての原因は幅広く,言及するのは意外とむずかしいものです。解離の目的論・原因論については,意外にも,次の質問に答えることで説明できそうです。

「記憶の破綻が解離なら,認知症も解離なの?」

 この疑問に答えるためには,「意識,記憶,同一性,情動,知覚,身体表象,運動制御,行動」の破綻が,ある共通の(おおむね無意識的な)目的のために起きる病態が解離である,という点がポイントになります。

 解離する目的(解離の心理的機能)について,Ludwigは,次の7つをあげています。
(1) 行動の自動化
(2) 労力の経済的効果的な利用
(3) 解決困難な葛藤の棚上げ的解消
(4) 現実の制約からの逃避
(5) 破局的な体験からの切り離し
(6) 情動のカタルティックな発散
(7) 集団帰属感の強化

 認知症における「記憶の破綻」には,少なくとも(1)~(7)のいずれの目的もあるとはいえません。認知症による「記憶障害」は,心的防衛機制ではなく,脳の機能の低下による結果だからです。ゆえに,認知症の「記憶の破綻」は,解離には当たらないのです。

「同一性(自分がたしかに自分であるという感覚)や意識の破綻が解離なら,役になりきっている役者や,ビートルズのコンサートで失神したファンも解離なの?」

 「役になりきっている役者」は,「没頭」という解離の適応的側面であり,「没頭」をもっと単純化したものが,Ludwigの挙げた(1)または(2),つまりは「外出するとき,無意識のうちに家の鍵を閉めている」「自転車に乗りながら口笛を吹く」といったものに当たります。

 コンサート中に失神したファンは,熱狂状態・トランス状態―こちらは,(6)または(7)に該当します―にあります。「このまま我を失って,おかしな行動に及ぶくらいなら,気を失ったほうがマシ」と,心が判断した結果かもしれませんし,「交感神経が最高に張り詰めると,草食動物が猛獣に出くわしたときのフリーズ現象と同等なことが起きる」からかもしれません。もちろん,「高速道路催眠現象」が死亡事故につながるように,コンサートでトランス状態に没入して転倒して頭を打った結果,大怪我を負うこともないわけではありませんが,いずれにせよ,正常な解離の範疇といえるでしょう。

 そして,最も病的とされる解離は,(3)(4)(5)の心理的機能を担っています。

 

第1回USPT研究会主催ワークショップ開催報告

 2017年1月29日(日),第1回USPT研究会主催ワークショップが愛知県名古屋市で開催されました。このような機会と会場をご提供くださった名古屋市立大学の関係者様に,深く感謝いたします。

 今回は,53名の医師・臨床心理士などの先生方にご参加いただきまして,これまで以上に鋭い質問が飛び交いました。また,参加者は,実技演習にも本当に熱心に取り組んでくださって,充実した会となりました。ここに,厚く御礼を申し上げます。

Copyright (C) 2007-2016 USPT Kenkyu-Kai. All Rights Reserved.